WEST TOKYO仕事図鑑/VOL.7 喫茶店主

○続けること、終わらすこと

 国分寺の喫茶店「でんえん」は創業62年目を迎えます。店主の新井富美子さんは昭和2年生まれ。亡くなった旦那さんが創業したこの店を、場所も内装もそのままに、90歳を超えた今もなお営業し続けています。「休みの日以外、私は毎日この店に通うわけですけど、今日行くの嫌だなーなんて思った日は一度もないんです。雨の日も、雪の日もこの店に来るのが楽しみ。大好きだと思えなきゃ、プライド持たないと続かないですよね」。時間が沈殿したようなその唯一無二の空間にはファンも多く、継がせて欲しいと頭を下げる人も少なくないのだとか。新井さんは微笑みながら話します。「皆さんお断りしてます。今この店にあるのは珈琲と私のつくったケーキと、お酒がちょこっと。私は生活ができれば売り上げなんて気にしないけど、若い人に同じようにしてもらうのも無理でしょうから。何にも変えなかったからここまで続けてこれたと思うんです。だから、私でおしまい。体が動くまでは続けますよ。辞めるときは、ひっそりとドアに張り紙をして。できるところまで、ですね」

文・写真/松岡真吾

つちもちしんじ
1979年生まれ東京都出身。漫画イラストレーター。古典的マンガ、浮世絵、絵画、ポップアート、ポップソングなどから刺激を受けながら漫画やイラストを製作。東京の下町の風景を切り取ったweb連載「下町百景」シリーズが国内外から大きな反響を呼び、2016年に「東京下町百景」として書籍化。普遍的なノスタルジーを含みながらも独自のフィルターを通して紡がれる世界観は唯一無二の奥行きを持つ。
tsuchimochishinji.com
twitter:@wabisabipop

でんえん
13:00〜18:00・木休
東京都国分寺市本町2-8-7
042-321-2431

Share

Share
Share