追いかけて、柴崎分水 〜現在を流れる分水路〜

玉川上水から分水し、立川に水を届ける役目を担っていた「柴崎分水」を追いかける散歩旅。後編は、昭和記念公園を抜け出たところからスタートする。(前編はこちら


暗渠となって公園を抜けると、青梅線にぶつかる。残堀川に目が行きがちだが、フェンスをよーく覗き込んでみると、残堀川を渡る橋のとなりで密かに柴崎分水も青梅線を渡っていた。写真だとわかりにくいが、水の流れもしっかりと目視できる。


この先は、もう少し残堀川と並走しながら南へ進んでいるが、追いかけられないので回り込んで続きを探す。立川富士見郵便局のところで、かくっと90度に折れ、東へと進路を変える。かと思うとまたすぐにかくっと南へ。


右側歩道のみガードがたっている。この下を柴崎分水が流れているのだ。いかにも暗渠探索という雰囲気が漂いはじめてワクワクしてくる。アーティストのアトリエとして有名な石田倉庫の側を抜け、青梅線を渡る。ずずっとまっすぐ道なりに暗渠が続くが、石の蓋に変わったりして探索者を飽きさせない。


奥多摩街道にぶつかる寸前で、石蓋が途切れた。しかも若干斜めになって。違和感のある終わり方をしていると、次になにか変化があるような気がしてくる。興奮を抑えるようにわざとゆっくりと歩みを進め、左を覗き込むと、再び開渠となって現れる柴崎分水。


分水のすぐ前には、鳥居と祠が建っている。分水にちなんで「弁財天」だと面白いなと思いつつ、中を確認してみても、何を祀っているのかはわからなかった。


しばらくは奥多摩街道を挟んで右に行ったり左に行ったりしながら分水は流れている。分水を引き込んで池を作っている民家もある。羨ましい。


開渠となって、今度は北側に折れ、住宅街へと入っていく。静かな路地にとうとうと流れる分水に癒され、ここが立川であることを忘れそうだ。くねくねと曲がり、民家の中を流れたりしながら西に東に南に北に。追いかける方は楽しい半面、住宅街を行ったり来たりしながら進むので、怪しさ満点。


住宅街を抜けると、中央線にぶつかる。ここも右端が石蓋となって南へと向かう。


するとまた、くくくっと左へと曲がる石蓋。この先は線路では?と視線を線路上へ移す。


そこには真新しい橋が掛かっていて、この中を通って水は反対側へと渡っている。
実はこの水道橋、柴崎分水の最大の見所…だったスポットなのだ。今年の2月に掛け替えられたこの水道橋は、以前までは水の流れが上から見られる橋で、京都の南禪寺の水路閣を思い起こさせる様な珍しい場所だった。

暗渠探索者が必ずここでテンションを上げていた水道橋は、老朽化と大雨の際に線路に大量の水が滴り落ちてしまい危険なことから、すべて覆われ、水道管のかたちとなってしまった。蓋をされた水路を追い求める暗渠好き達も、ここだけはいつまでも開渠のままで居てほしかったと嘆くだろう。


とはいえ、水の流れが途切れたわけではない。線路を渡りきるとまた開渠となって住宅街を流れ行く。


民家の玄関の前に違和感のある空間があり思わず足をとめる。文化財の説明板がこんな玄関先に建っているなんて、なんとも珍しい。というか面白い。この説明板は柴崎分水についての説明だ。個人的に目を奪われるのは、傍らに立つ2つの石塔だ。


左の小さい方は、「庚申塔」で右の大きい方は「秋葉大権現」だ。グーグルマップで見ると、「柴崎分水庚申塔」となっている。好きなものが2つくっついたような名前で、心底この家の方が羨ましくなった。

この辺も、流路がくねくねと曲がりくねって時折自分がどっちに向かっているのかわからなくなってくる。普通水路は、比較的まっすぐ流れているが、柴崎分水は行ったり来たりを繰り返す。どうやら、柴崎分水が開削された当時、すでに村が形成されており、その合間を縫うようにして作られたから曲がりくねっているらしい。


流路とともに徐々に南下してたどり着いたのは、立川市で唯一の国宝を有する「普済寺」。本堂の前を悠々と流れ、境内の清廉さをより引き立てている。


境内の中でも小さく曲がりながら進む。開けた場所に出ると、墓地へとかかる石橋が連続してかかっている。


境内を抜けると、また住宅街へと入っていく。このあたりはもう立川崖線のキワに近い。いつ下るのかとワクワクしながら辿って、いまか!と思うとまた北上する。じれったい。

そうこうしていると、分水は大きなお屋敷の中へと姿を消す。さすがに民家なので、追いかけられない。回り込んでみると、ここで崖線を下ることになった。
滝のように流れ落ちる分水を間近に見ることはできないのは少し残念だ。


崖下で分水をお出迎え。滝とまではいかないが、屋敷内から勢い良く水が出てくる様子が見られる。屋敷の中では地形を利用した見事な庭園が造られていたりするのだろうか。


分水はモノレールの柴崎体育館駅方面へと流れていく。この辺りは一見するとただのドブ川のようで、正直これが玉川上水から分水されてきた水だとは思えない。


柴崎体育館駅の下をくぐる。コンクリートの蓋が連なり、情緒もなにもあったもんじゃないが、これはこれで暗渠っぽくて良かったりもする。


モノレールの下を抜けると、公園が広がる。今年4月に開園した「ガニガラ広場」という公園だ。しばらく工事をしていたが、分水を活かした自然あふれる素敵な公園になっているとは知らなかった。老人がゲートボールを楽しむ傍らで、分水がゆらゆらと流れていく。

ちなみにガニガラとは、「蟹殻」のことだそうで、かつては崖線下の湧水にたくさんの蟹が生息していたことから「ガニガラ」とよばれていたらしい。


広場を抜けると、池が見えてくる。ここももちろん柴崎分水の水を利用している。反対側には水田があり、初夏の頃には分水の水をひいて、田植えが行われるようだ。ここで分水の本来の役目が果たされることになるのだ。すこし感動的。


分水の旅は最終章へと入っていく。柴崎体育館の裏を流れ、また住宅街へ。

住宅街を抜けると、また広場がある。展望スポットのような出っ張りから何か見えるのかと、近よると、柴崎分水が流れている。この出っ張りは、柴崎分水展望スポットなのだろうか。


すぐ近くには柴崎分水の説明板が立てられている。


ここからすぐに分水は新奥多摩街道の下をくぐり抜け、根川へと近づいていく。


大池に注いでいるように見えるが、実は大池に沿ってもう少し下流へと進んでいるらしい。


根川沿いを進み、立川通りの東側で柴崎分水は根川へと注いでいる。中央の土管から流れ出てくるのが、この日ずっと追いかけてきた柴崎分水の水だ。

松中橋から分水された水がここに辿り着くまでを実際に自分の足で辿ってみると、分水の存在をよりリアルに感じることができるようになった。景色がくるくると変わり、立川らしいと思う景色もあれば、どこか遠くへ来たような気持ちになる景観もあり、はたまた故郷を思い出すような場所もあった。

昭和記念公園といい、普済寺といい、ガニガラ広場といい、柴崎分水はそのまま景観の彩りに一役買っているシーンが多く見られる。開削されたときの目的とは少し違うかもしれないが、こうして今も暮らしの中に流れ続け、人々に癒やしを与えている現役の分水なのだろう。

暗渠散歩は、言葉少なにアピールされるヒントをもとに日常に潜む見えない水路を探し当てる探偵的要素を多分に含んだ遊びだと思う。目的なくぶらぶらするのも楽しいが、川跡を探しながら歩くと、いつものまちがちょっとしたアトラクションのようになるので、暗渠探偵ごっこを楽しんでみてほしい。

写真・文/一楽まどか

Share
Share
Share