可愛さあまって看板どうぶつ 004 「パッケージプラザカサイ」のモコとレン

お店:パッケージプラザカサイ(立川)
種別:ねこ(ヒマラヤン)
年齢:モコ(2歳/右)、レン(1歳9か月/左)
好物:CIAOちゅ〜る
すきなこと: レジの上で温もる、ダンボールに収まる
日課:お客さんと触れ合う

立川駅南口で60年、文房具や包装資材を扱っている、パッケージプラザカサイ。弊社けやき出版も、いつもとてもお世話になっています。そんな私たちの頼みの綱、カサイさんのレジには、まるでぬいぐるみと見まごうほどにもふもふで、人なつっこい2匹のヒマラヤンがいます。冬は、電熱がここちよいのか、よくレジの上でくつろいでいるとのこと。この様子を近くで目の当たりにしたら、文房具を買いに来ても、もう、あまりの可愛いさになかなか会社に戻れなくなってしまうのです。

レジの上でくつろぐレンくん。どこ見ているの…?

店内は文房具はもちろん、包装資材がなんでも揃ってて楽しい。

ガムテープの上にいてみたり。

2匹がぴったりくっつくと、もふもふの極みです。

店長さんと。

お客さんもみんな魅了されてました。和やかな店内。

「この子たちは、4代目なんです。私は猫が好きで今までずっとヒマラヤンを飼っているんですが、お店に連れてきたのは初めてですね。この2匹は全く人見知りをしないから、レジの裏に置いといたらいつの間にか馴染んで(笑)。わざわざご夫婦で会いに来てくれる方もいたり、近所の子どもたちからも人気です」と、お店の伊藤さん。


「実は、モコはおととしの10月に、この建物の5階から落っこちちゃったんです! 足打って、肺挫傷になってちょっと入院してて。でも若かったから回復もよくって今はこの通り、元気いっぱい。その入院の間には、お見舞いに来てくれた方もいましたね。
今でも5階から落ちちゃった子はどっち?なんて聞かれますよ」

みごとに奇跡の生還を果たしたモコちゃん。本当に無事でよかったなぁ。2匹がお店でのんびりとぬくぬくしている姿は、今日も立川のたくさんの人を和ませています。

パッケージプラザカサイ 

8:30~6:30
日・祝日休
東京都立川市柴崎町3-8-7
042-522-8601

写真・文/三森奈緒子

Share
Share
Share