一橋学園駅の、忘れられない3皿。

一橋学園駅、なつかしい商店街が、いくつも健在するまち。個人店がズラーッと軒を並べていて、夕暮れ時にあたりを眺めていると、アァ、こんな街に暮らしてみたいな、と思ったことも1度や2度ではなく、歩けば歩くほど穏やかな人情に包み込まれる街です。そして、とってもごはんがたのしい街でもあります。それに、一度出会ったら視覚的にも味覚的にも忘れられない、キャラクターの濃い、お料理に出会える確率が高い気もしています。というわけで、これまでに出会った特に楽しい、忘れられない3皿をご紹介します。

1、「なにや」の三色大餃子

なんと、豚肉はお店の厨房でおろしているといいます。そんな新鮮な豚ひき肉が中にはぎっしり。旨味たっぷりジューシーで、3色の皮は、ほうれん草と、人参が練りこまれています。
色も、一目見たら忘れられない可愛さです。


他にも個性たっぷりのメニューがたくさん。年末30日限定で5色麺という神々しい麺が。
さらに、スイカ冷やし麺、メロン冷やし麺も!もちろん要予約。人気の定番の冷やし麺はで珍しい1年中の販売です。

2、「ミルフルクト」の2種盛りカレー
ターメリックライスの黄色がはえる、こちらも3色国旗みたいなカラフルな一品。
今回は、定番のチキンマサラ(右端)と季節限定のホワイトバジルチキン(左端)にしてみました。つけあわせのモロカンサラダ、レモン風味の手作りドレッシングが美味しいです。


店内は、東北などで集めたという可愛いこけし、ネパールの国旗に、インドの絵本と諸国の雑貨が混ざり合って、雰囲気に温もりをプラスしています。

3、「招来川菜館」の燃湯麺(らんたんめん)

最後はこちらです。燃える湯麺で、その名も「燃湯麺(らんたんめん)」!
炎によってピーナッツの香りが香ばしく引き立ち、辛味もほどよく美味しい。一人で食べても楽しいけど、みんなでワイワイ炎を楽しみたい。濃厚なスープとともに白いごはんも一緒に食べたい!そんな一品です。

楽しい個人店舗がたくさんの一橋学園駅。食さんぽにオススメの街です。ぜひ。

Share
Share
Share