あてどなく動物園 〜羽村市動物公園〜

子供の頃、動物園は特別な場所だった。本州のはじっこの方で暮らしていた身としては、動物園は身近ではなく、家族みんなで遠出するのが常だったのだ。
小さくても、「動物園」と名のつくものが意外と多くあることが、東京に来て驚いたことの一つだ。ふらりと散歩感覚で動物園に行けるなんて、子供の頃の自分に聞かせたら羨ましがるだろう。

多摩エリアの動物園といえば、井の頭自然文化園や多摩動物公園がある。どちらも個性的で、飽きない工夫が盛りだくさんで、ついつい何度も通ってしまう。でも、個人的に一番好きな動物園が「羽村市動物公園」だ。羽村という土地柄、遠方からわざわざ訪れる人はきっと少ない。地元の人々が休日のちょっとしたひとときを過ごす、日常の延長線上のような動物園の中をさすらってきた。

テーマパークに行くような華やかな高揚感ではなく、「所詮小さな動物園だし」という期待感ゼロからのギャップにとても心惹かれる。意外と広い!とかキリンいる!とか、ハードルが下がっているほど、楽しめるのだ。大人になってしまうと、これくらいがちょうど良い。ぶらぶらと歩きながら、気になった動物をぼんやり見やる。小さい動物園だから、歩き疲れることもない。若干の哀愁に親近感を覚えて、肩の力が抜ける。

予定のない休日の午後。地元の人になりきって、動物を眺めれば、いつの間にか癒やされている。

写真・文/一楽まどか

羽村市動物公園

羽村市羽4122
042-579-4041
月曜休み
3月~10月/9:00~16:30、11月~2月/9:00~16:00
大人300円/4歳~15歳未満まで100円/4歳未満無料/65歳~75歳未満50円/75歳以上無料

Share
Share
Share