陸の孤島の鉄道遺産をゆく 羽村山口軽便鉄道

武蔵村山市は多摩エリアで唯一鉄道が通っていないまちだ。現在東大和市の上北台が終点の多摩モノレールの誘致に力を入れている。ちなみに国道も通っていない。いわば陸の孤島である武蔵村山市にも、その昔鉄道が通っていたことがある。

明治末期、東京の人口増加に伴う水不足を解消するために狭山丘陵の地形を活かし、貯水池を建設することになった。最初に建設された多摩湖につづいて建設された狭山湖をつくる際に、砂利の運搬用に開通した鉄道がかつて武蔵村山に通っていた「羽村山口軽便鉄道」だ。

「軽便鉄道」とは、一般的な鉄道よりも線路の幅が狭く、車両も小型の小規模な鉄道。安価に建設できる。


現在は、砂利採取場がある羽村市から貯水地までを結ぶ全長12.6kmの全線の内、横田基地手前から狭山丘陵の麓までの3.7kmが「野山北公園自転車道」になっている。実際にその廃線跡を辿ってみるべく、武蔵村山市に赴いた。


横田基地側から軽便鉄道跡に入る。不自然に道が途切れているここが「野山北公園自転車道」の起点となる。かつてはここから西側にも一直線に羽村まで路線が伸びていた。


木々に覆われるようにしてまっすぐに伸びる道路は、住宅街の中を突っ切っている。子どもたちが遊んでいたり、犬の散歩をしていたり、近所の人の井戸端会議の会場になったり。住民たちの生活道路として、愛されているようだ。

自転車道と水の法則

ところで、日本全国津々浦々、至るところに「自転車道」というものは存在する。自転車乗りにとっては必要不可欠で、自転車遊びにおいてのオアシスだ。個人的にも全国の自転車道に馳せ参じているが、自転車道というのは大きく分けて2つに分類されるような気がしている。

多摩川サイクリングロード(以下CR)や、荒川CRに代表する河川沿いに設けられた自転車道をはじめ、湖を一周するCR、かつて川であったところを埋め立てて整備した場所など、水にまつわるCRが一つ。

そしてもう一つが、廃線を利用したCRだ。
大分県の「メイプル耶馬CR」や茨城県の「つくばりんりんロード」などが有名だ。

今回の「羽村山口軽便鉄道」はその2つの特徴が盛り込まれている自転車道なのだ。元々、羽村堰から村山貯水池に水を運ぶための導水管が敷かれていて、その上に軽便鉄道を通したという歴史がある。

ちなみに、地図上で不自然なまでに真っ直ぐ伸びる道路は往々にして「水道道路」だ。西東京市から村山貯水池をつなぐ多摩湖CRもまた貯水池から境浄水場に送るための導水管の上を走っているし、杉並区から多摩川を結ぶ道も「荒玉水道」と呼ばれる水道道路だ。

4つのトンネル

話はそれたが、「野山北自転車道」を狭山湖方面へ進む。途中青梅街道などの大きな道と交差しながら、木と住宅に囲まれながら道は続いていく。


都道55号線に面した横田児童遊園は、今でこそ何の変哲もない公園だが、当時は車庫や資材置き場などがあり機関車やトロッコの起点となっていた場所だ。



都道55号線を渡ると、軽便鉄道最大の見所である、4つのトンネルゾーンに差し掛かる。ぽっかりと口をあけて待っている様に期待が膨らむと同時に、先の見えなさに若干尻込みする。

夏季は18時でシャッターがしまってしまうというのも、焦燥感を煽られる。現在時刻17:30

私はトンネルが苦手だ。閉所恐怖症ではないと思うのだが、トンネルは後ろから誰かに追われているような気持ちになってしまい恐怖が湧き出てくる。


生唾を飲み込みつつ、まずは「横田トンネル」に入る。数日間の雨のせいで、地面はしっとりと濡れていて、時折ぴちょんぴちょんと天井から水滴が滴り落ちる音だけが響く。これが怖くないはずがない。ぞわわっと体を震わせながら若干急いでトンネルを抜ける。


するとまたすぐに、「赤堀トンネル」が現れる。こちらのトンネルは若干カーブしているため、先がハッキリと見えないが、短いトンネルのためそこまで怖くはない。トンネルの中はひんやりとしていて、蒸し暑い季節には快適だ。しかし、そのひんやり感が得体の知れない怖さを演出しているのも事実ではある。



今思い返せば、ここまでの2つのトンネルは序の口だった。3つめの「御岳トンネル」から纏う雰囲気が変わる。まず直線のはずなのに、先が見えない。まさにお先真っ暗だ。先ほどまではアブラゼミやミンミンゼミの大合唱で賑やかだったはずなのに、なぜかここに来たとたんヒグラシの鳴き声が辺りを包む。家の縁側で聞けば癒やされはずのヒグラシも、このトンネルの前では薄ら怖い演出になる。


トンネルの中にもヒグラシの声がひかえめなBGMの様に聞こえてくる中、先に進めど出口が暗いままなのも不安になる。このまま延々と続く不思議なトンネルなのではないかとか、トンネルを抜けると異界の地にいるんじゃないかとかジブリ世界のような展開を妄想する。


やっとの思いでトンネルを抜けると、目の前は雑木林。先ほどの妄想が現実になったのかと思った。

この辺りは「むらやまホタルを育てる会」の方々が水を循環するなどして育てたゲンジボタルが飛び交うらしい。この場所でホタルが飛び交っていたら、それこそ映画の中に入り込んだような気持ちになりそうだ。


「赤坂トンネル」が現在も通行可能な最後のトンネルだ。ここも先が見えない。トンネルの先がどうなっているのかわからないというのもまた不安だ。


トンネルの先はまた雑木林が広がっている。そして奥には車止めが建てられていて、道が途切れている。実は、この時点でかなり怖さがピークを迎えていて、すぐにでも引き返したかったのだが、この先にもう一つトンネルがあるらしいのだ。知らなかったふりをして帰ろうか、と考えたがせっかくここまで来たのでもうひと踏ん張りすることにした。


前日までの雨で地面はぬかるんでいるし、虫に襲われるし、虫から逃げたくても地面に足をとられてコケるわけにはいかないため急げない。ほんの数百メートルがかなり長く感じた。


虫と地面と戦いながら細い未舗装路のどんつきには、フェンスで覆われたトンネルが現れる。この先は地面のぬかるみが激しく、これ以上は近づくことができなかった。
当時は、このトンネルを抜け、その先もさらに狭山丘陵を突き抜けて狭山湖まで砂利を運んでいたのだろう。


怖い怖いと言いながらも、振り返ってみるとスリリングで、いい大人が夏の大冒険のような気持ちになってワクワクしていた。トンネルの前に立った時、中を進んでいる時、この先に何があるのかと妄想しながら進むのが楽しい。

トンネルを抜けていく度、自分が砂利を運ぶ鉄道になったような感覚になる。鉄道のないまち武蔵村山に残る貴重な鉄道遺産はかつての砂利を運ぶ役目を終え、今では住民たちの生活道路として人々が行き交っている。

写真・文/一楽まどか

Share
Share
Share